スポンサーサイト

2020.05.12 Tuesday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    category:- | by:スポンサードリンク | - | -

    小学校1年算数「ずをつかってかんがえよう」東京書籍

    2019.02.21 Thursday 22:46
    0

      JUGEMテーマ:学問・学校

       

      1年生の算数って、本当に難しい。

       

      それが改めてよーくわかった単元でした。


      「ずをつかってかんがえよう」、難敵です。

       

      <第1時>

       

      ・問題を抽象化する→丸図を使う

       

      これを練習しました。全体で逐一指導でした。問題は全部書かせます。

       

      「四角1番の問題」を解く際、大事なところに赤線を引いた後、図を描いたら、そのまま答えが出てきました。

       

      その子どもの素直な思考を認め、答えを書いたのち、たし算の式を導きました。

       

      その後、教科書に直接書き込ませ、分かっているか確認。

       

      その立式の仕方を用いて、「四角2番の問題」を解いてみました。

       

      図を使うと、先に答えが見えるので、安心して立式できるようです。

       

      こちらの問題も、教科書に直接書き込ませ、分かっているか確認。

       

      単純に数値を当てはめれば解けるので、みんな「自分はできる」と自信をもって終了。

       

       

      ※「かんが」の「か」は「火」ですか?と聞かれたので、「考」だと教えたのが左端に残っています(笑)

       

      <第2時>

       

      今回は、前回と毛並みの違う問題が出てきます。

       

      「四角3番の問題」を書かせ、「図をかける?」と問うと、「できる」との発言。

       

      かかせると、大多数の子が固まりました。「人と一輪車をどうかけばいいのか?」、と。

       

      出来ていた子に発言させ、全体で「並べてかこう。」と話しました。

       

      これができないできない。

       

      △△△△△ 〇〇〇〇〇←こんな感じにかく子が多いこと多いこと。

       

      「縦に並べる」というのが、こんなに難しいとは思いもしませんでした。

       

      どうにか並べてかいた後、線でつなげて「これでおしまい?」と問うと

       

      「まだあと3だいのこってる!」と言ってきたので、丸(一輪車)を3つ付け足しました。

       

      すると、あ「あ、8だい!」と出たので、伝家の宝刀「どうして?」を投入。

       

      いろいろ言わせたのち、立式させ、隣の子とコショコショ話をさせる。

       

      そして、全体で共有。

       

      教科書に書かせるくだりは前時と同様。

       

      そして、「四角4番の問題」に突入。

       

      ここでも失敗です。

       

      3番と同様に、人を△にすればよかった。

       

      こんがらがった子が少数ながら出てきてしまいました…

       

      こういうところはUDLの視点を入れるべきでした。

       

      「四角4番の問題」も同じような流れだったので、割愛。

       

       

      <第3時>

       

      前回の失敗を踏まえ、分かりやすくしようと工夫したつもりです。

       

      「四角5番の問題」を書きました。(時間がかかるかかる…)

       

      赤い丸と青い丸を7つ並べ、「これでいい?」と問うと、

       

      「たりない!」「何枚?」「5まい!」とスムーズ。

       

      たし算であることも確認し、立式、答えを書かせる。

       

      教科書での確認も忘れずに。

       

      次は「四角7番の問題」。

       

      同様に、丸を12個ずつ並べ、「これでいい?」と問うと、

       

      「おおい!」「だれのが?」「たかしさん!」「何個?」「4こ!」

       

      「4こすくないから、4こけさないと!」

       

      以下、「四角5番の問題」と同様。

       

       

      ※「おおい」は「大い」ですか?と聞かれたので、両端に説明を書いてありますが、ご容赦を(笑)

       

      <第4時>

       

      ここは特にやりがいがあった授業でした。

       

      「四角9番の問題」を書かせ、

       

      〇〇〇〇け〇〇〇 と描き

       

      上の図で状況を確認した後、立式させ、

       

      みんなで意見交流するために、出歩きOKを出しました。

       

      回って様子を伺っていると、4+3=7と書く子が大多数。

       

      ちょっと驚きました。そこで全体に「答えって、いくつ?」と問うと

       

      「7!」「8!」「10(これは理由が最後まで分かりませんでした)!」とバラバラ。

       

      図で数を数えて確かめると、「あ、8だ!」「え?」となったので

       

      4+3=7と書いたのち、バツをつけました。

       

      「8になる式じゃないとだめみたいだね」と伝えて、時間を取りました。

       

      すると、4+4=8と5+3=8が一定数書いている子が増えてきました。

       

      そこで、それらの式を書き、問題には書かれていない4+「4」←この「4」と、「5」+3←この「5」

       

      どこから来たのかと問うと、いろいろ言い始めたので、「そこも説明できるといいね」と言って交流リスタート。

       

      すると、4+1+3=8と、4+3+1=8がどんどん出始めました。

       

      大体どっちかになったら、両式を書き、「これって、どっちが正しいの?」と問い、色々と意見が出てきたので

       

      「じゃあ、確かめようか」と全体で確かめる方向に。

       

      (ここで工夫した、「数値と図の色を揃えて囲う」を用いることで、理解が深まったような気がしました。)

       

      左側は、子どもたちに何度か説明させ、周りの子どもから「問題の順番通りだね」とすんなり出てきたのでそのまま板書。

       

      右側は、4+3のかたまりが何を表しているのか、なかなか出てこなかったので

       

      「『1』はここでいいの?」と問うと、「これは『けんさん』だから、べつにどこでもいいんじゃない?」と来たので

       

      「じゃあ、(4+3を指して)これは『けんさん』以外だね」と言うと大体納得。

       

      まとめを書く際、「なんて書けばいい?」と聞くと、

       

      「むずかしいもんだいだった」「たくさんのしきが出てきた」などと出てきたので

       

      写真の通りに板書。

       

       

      そして、「4+4=8はどっちの考え?」と聞くと、「どっちも」との返答。

       

      「5+3=8は?」と聞くと、「左!」と出てきた。

       

      最後に、「7+1=8」をこちらから提示し、どっち?と問うと、右と。

       

      なかなか難しいけれども、算数の面白さを体感できた子は、もっとやりたい!との声を上げていました。

       

      授業者としてはまだまだな授業でしたが、子どもたちはこの単元、よく頑張りました。

       

      明日は習熟→来週テストです。

       

      今回の授業を通してどのくらいの理解度まで達したのか、とても楽しみです。

       

      <追伸>

       

      うちの学校の1年生は12マスの算数のノートを使っています。

       

      ですから、それに合うように黒板を作っています。

       

      また、うちのクラスでは、黄色は、子どもが必要に応じてかいてもよい、という設定になっています。

       

      教科書は自由に読んでいいルールです。

       

      友達、教科書などを使って問題を解こうというスタイルです。

       

      色々な教室内ルール、スタイルがあってもよいと、私は考えています。

      スポンサーサイト

      2020.05.12 Tuesday 22:46
      0
        category:- | by:スポンサードリンク | - | -
        Comment








           
        Trackback
        この記事のトラックバックURL

        PR
        Calender
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        282930    
        << June 2020 >>
        Selected entry
        Category
        Archives
        Recent comment
        Link
        Profile
        Search
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM