小学校1年道徳「オリンピック・パラリンピック」日本文教出版

2018.09.14 Friday 21:33
0

    JUGEMテーマ:学問・学校

     

    2学期初めの道徳。

     

    「1年生って、オリンピックのこと、どんなことを知っているのだろう?」

     

    それが個人的な疑問でした。

     

    なので、それを導入の発問に使ってみました。

     

    しかし、「スポーツ」→競技名が出てきた程度だったので、文章を読んでから再び聞いてみることにしました。

     

    (やはり、羽生結弦の影響か、スケートが出てきました。今回は、冬の競技だとしても、オリンピックだからOKとしました)

     

    すると、あたかも最初から知っていたかのように、教科書に載っていることを出してきました。

     

    ・4年に一度行われる

     

    ・耳の聞こえない人、目の見えない人が出るのがパラリンピック

     

    ・練習して試合して、決勝戦に出られる

     

    ・いろんな国の人が出る→サッカー大好き少年を中心に、海外に行ったことのある子などが活躍

     

    そして、2020年に東京であるということを知り

     

    「2年後?3年のときだね!」

     

    「出たいな!」「好きなスポーツ見たい!」「写真撮りたい!」

     

    「金メダル取って!触りたい!」「楽しんで勝負してほしい!」←かなり上からの発言…

     

    と好き勝手に言ってました。

     

    自由でいいなぁと思いました。

     

    とりあえず、東京オリンピックについては興味を持ってもらえたとは思います。

     

    以下、板書です。

     

     

    この教材は、あくまでも「オリンピック」自体ではなく、

     

    「東京」オリンピックに寄せているなぁと思いました。

     

    そっちに寄りすぎないように、五輪のマークを使って

     

    「世界のみんなでなかよくしていこうねって意味があるよ。」

     

    と、世界平和の理念の方も簡単に話をしておきました。

    スポンサーサイト

    2018.11.10 Saturday 21:33
    0
      category:- | by:スポンサードリンク | - | -
      Comment








         
      Trackback
      この記事のトラックバックURL

      PR
      Calender
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << November 2018 >>
      Selected entry
      Category
      Archives
      Recent comment
      Link
      Profile
      Search
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM