スポンサーサイト

2019.02.21 Thursday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    category:- | by:スポンサードリンク | - | -

    学級通信「い」第117号〜のこり1しゅうかん〜

    2018.12.28 Friday 21:59
    0

      JUGEMテーマ:学問・学校

       

      授業でめあてや問題を赤で囲むとき、

       

      「『隣の家に塀ができたんだって。」』『へえ(塀)〜、かっこいい(囲い)』」

       

      と言ってしまうろっぽんぽんです。

       

      それを言った矢先、チコちゃんを観ていたというクラスの子に

       

      「それ、チコちゃんが言ってたんですけど、親父ギャグを言うのは、脳が退化してる証拠らしいですよー」

       

      と言われてグサッと刺さりました。

       

      すぐにフォローしてくれたので、その後に影響はなかったと思います。

       

       

       

      さて、始まりがあれば終わりがあります。

       

      ただ漫然と過ごしているだけでは、手に入れられるものは多くありません。

       

      いつでも何かを求めて過ごす必要があると思っています。

       

      生きているうちは貪欲に。

       

      しかし、いくら崇高な志をもっていてしても

       

      体調が悪ければパフォーマンスも落ちますし、何より目標は達成できません。

       

      ですから、まずは体調管理をしっかりしようという意味を込めてかいた通信がこちら。

       

       

      この時期からインフルやらお腹の風邪やら、いろいろと出てきました。

       

      みなさんもお大事になさってくださいね。

      学級通信「い」第116号〜あそびランドにしょうたいされました〜

      2018.12.27 Thursday 21:59
      0

        JUGEMテーマ:学問・学校

         

        ろっぽんぽんマークを乱用しているため、算数などで6が出てきたときに必ず

         

        「6の中に顔を描いていいですか?」と聞かれるろっぽんぽんです。

         

        静かに描きなさい、静かにね。そして、にやっとしてなさい。見ててあげるから。

         

         

         

        さて、毎年、本校の一年生は、二年生の生活科「あそびランド」に招待されます。

         

        そこでは、一年生が秋口に行なった「あきのあそびランド」を凌駕する遊びの数々。

         

        これを次年度に繋げていきたいと思って書いた通信がこちら。

         

         

        来年は、彼らにこれを上回る遊びを考えてほしいものです。

         

        1年生と一緒にいられるのも、あとわずかです…さみしい…

        学級通信「い」第115号〜子どもとのやりとりを大せつにしたい〜

        2018.12.26 Wednesday 20:59
        0

          JUGEMテーマ:学問・学校

           

          こんばんは、学校の中でも外でも子どもたちに見つけられるとフルネームで呼ばれるろっぽんぽんです。

           

          道端で会ったときならまだいいのですが、ショッピングモールやお祭りなど、人ごみの中ではやめてもらいたいです…

           

           

           

          さて、2学期の学級通信のアップを1月中には終わらせたいので、投稿日時を誤魔化しながらアップしていきます。

           

          今回の通信は、先日アップした通信を配付し、道徳「ニわのことり」の授業を行なった学校公開日後のものです。

           

          3〜5時間目の公開だったのですが、学年で統一して3、4時間目は、これまで育ててきた朝顔のつるを使って

           

          クリスマスに飾るリースを作りました。

           

          その際、親子のやりとりが、まさに素敵なものだったので、にやにやしながら書きました。

           

          いいですよね。あーでもないこーでもない、という試行錯誤のやりとり。

           

          まるで、おうちの中での親子の会話を見ているようでした(笑)

           

          そんな通信がこちら。

           

           

          色々と伝えたいことはありますが、絞らないと相手には伝わりません。

           

          優先順位をつけて、日々発信していきたいと思っています。

          学級通信「い」第114.5号〜『みんなとなかよく』〜

          2018.12.18 Tuesday 22:07
          0

            JUGEMテーマ:学問・学校

             

            授業参観で行った道徳「ニわのことり」とのコラボ通信です。

             

            たまにはこういう通信もいかがでしょうか?

             

             

            授業自体は明日アップしようと思いますが

             

            子どもだけでなく、保護者とも一緒に授業を創っていきました。

             

            考え議論する道徳、どう解く?

            学級通信「い」第113号〜なわとびのしゅくだいを出しますね〜

            2018.12.17 Monday 06:43
            0

              JUGEMテーマ:学問・学校

               

              私が小学生時代、なわとびの中で、時間跳びだけは得意でした。

               

              なぜかというと、リズム感と、

               

              ひたすら回す気合と体力さえあれば

               

              よい記録が出せるからです。

               

              いつもは足の速くてもてはやされる友達も

               

              面白い話をして場の雰囲気を盛り上げられる友達も

               

              こういうことは苦手のようでした。

               

              私は、なわとび大会当日、ひたすら跳び続けました。

               

              見ている先生たちが引くくらい。

               

              こちらはゾーンに入っていたので、周りの様子がよく見えていました。

               

              だいたいなわとびって、冬にやるので

               

              友達も寒そうに、私の跳んでいるところを見ていたのもよくわかりました。

               

              なので、20分ほど跳んだあと、

               

              「とりあえず一位だし、もういいかな」と思って

               

              引っかかっておきました。

               

              拍手よりも、安堵のため息が先に聞こえました。

               

              逆の立場ならそうするでしょうね(笑)

               

              みなさん、何事もほどほどにしないといけません。

               

               

              さて、11月末に、通信を通して、なわとびの宿題を出しました。

               

               

              なわとびも習うより慣れよです。

               

              ですから、家庭での学習につながる宿題は、

               

              習熟ものだけでなく(勿論、習熟もとっても大事ですよ)

               

              お手伝いやこういったものは積極的に出したいと思っています。

               

              学校、家庭の往還は非常に重要です。

               

              本校のように、互いに同じ方向を向いて教育していけるのは素晴らしいことですね。


              PR
              Calender
               123456
              78910111213
              14151617181920
              21222324252627
              28293031   
              << July 2019 >>
              Selected entry
              Category
              Archives
              Recent comment
              Link
              Profile
              Search
              Others
              Mobile
              qrcode
              Powered
              無料ブログ作成サービス JUGEM